<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

手スリ

様邸リフォーム工事がもう少しで完了します。
高齢のお母様はとても元気な方で、バリアフリーの手スリはまだ必要としませんが、
玄関、浴室、トイレにそれぞれ手スリを取り付けることになりました。
これで床の段差の無い室と手スリ取り付けでバリアフリー化は良しと思ったのですが、
一箇所手スリを付けるのを忘れていました。

e0119799_13334261.jpge0119799_13335514.jpg
そこは勝手口の土間で、食堂の床との高低差が大きくて
土間の巾は750ミリと狭いのです。
手スリを壁に取り付けると食堂入り口のじゃまになってしまいます。
そこで 大工さんと相談して、壁の中に埋め込む形で作ることにしました。
入り口枠の余り材を使って箱を作り、その中に手スリ棒をハメ込みました。
取り付けた手スリを使ってお母様に上り降りをしてもらい、
「とても使いやすくて良いです。」と言ってもらえてホッとしました。
 
壁に埋め込み手スリを作るには、筋違いの場所、スイッチの位置など注意しないと
いけませんね。

バリアフリータイプの手スリ
手スリの形状は原則として、円形で直径28ミリから40ミリの握りやすい太さとする。
手スリと壁の空き寸法は30ミリから50ミリを標準とする。

                                     工事  宮崎



人気Blogランキングへ参加しました!クリックしてランキングアップにご協力ください。
ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_koji | 2007-10-31 20:47

便利な道具

e0119799_20341361.jpge0119799_20363969.jpg

電動ドライバーで使用するアイデア商品です。使っている職人さんは多いはず。

e0119799_20382718.jpg
狭いところや角度のないところから
ビスを打ちたいときに使います。
昔はビスなど使わず家を建ててましたが、今現在
認可された金物やビスなくしては
成り立たない程、木造住宅はビス・金物だらけ。
どうしても!という時にはコレが役に立ちます。
現場の苦労が生んだ道具なんだと、
つくずく感心しながら使ってます。

   駿河工房  杉本


人気Blogランキングへ参加しました!クリックしてランキングアップにご協力ください。
ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_koji | 2007-10-26 20:33 | 現場のこと

現場で働く道具たち  その1

e0119799_1937824.jpge0119799_19374053.jpg現場で使う道具でコンクリートや砂利などを運ぶ一輪車があります。
そのなかでも狭い所を通る時に便利な狭いサイズの一輪車、普通のサイズの約3分の2の幅で狭い所もスイスイ行ける便利な一輪車です。


e0119799_19384618.jpg奥の一般的な一輪車に比べて幅が狭くなっています。一度に運ぶ量は少なくなってしまいますが、敷地が狭く作業しにくい所にはとても役立ちます。
一家に一台?はあると便利?かも知れないですね!
ところで一輪車って専門用語で「ねこ」というのですが、ブロック塀の上の10センチ幅でもねこのように行けるからなんです。細い所は猫なら通れますからね!




   






 


         駿河工房  副島




人気Blogランキングへ参加しました!クリックしてランキングアップにご協力ください。
ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_koji | 2007-10-24 19:56 | 現場のこと

かわいい、スイッチ!

e0119799_20493375.jpge0119799_20494536.jpg
この写真はベトナムのホテルで撮ったものです。
日本の物でも、プレートの小さい物はありますが、スイッチが人差し指位の、大きさにはチョット驚きました。
案外、使ってみると大きさは、あまり気になりませんでした。
日本のスイッチは、左右で入り切りをしますが、ベトナムのスイッチは、上下で操作します。
(上下の方が、操作しやすい気もしました。)
コンセントの穴の数が、多いのは解っていましたが、コンセントの上に、スイッチが付いているのは、
少し、使いにくかったです。
どうしても、コンセントを挿せば、すぐ使えると思い、スイッチを・・・
けど、付かない!あっ!コンセントのスイッチが入ってない。
これを、何度したことか・・・

日本に居ると、当たり前の事が、外へ出てみると違う事があったり、
新しい発見があったり、良い刺激になりました。
日本でも、いろんな形のものがあっても、おもしろいのにな~!

                                        駿河工房   佐藤
人気Blogランキングへ参加しました!クリックしてランキングアップにご協力ください。
ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_koji | 2007-10-18 18:00 | 現場のこと

静岡アートギャラリー・重森三玲の庭

e0119799_2161228.jpg休日に静岡アートギャラリーに行ってきました。ギャラリーでは
「重森三玲の庭=地上の小宇宙=」展が開催されています。
代表作でもある東福寺方丈庭園をはじめ14箇所あまりの庭園やいけばなの
関係資料などが展示してあります。一番目に付いたのが庭園の図面が
細かく書いてあって私も勉強になりました。
静岡駅から1分に位置しているので近くに寄ったら気軽に寄って見てください。

                                     工事 鈴木
e0119799_2171134.jpg
「重森三玲の庭=地上の小宇宙=」展  10月6日~11月18日
静岡アートギャラリー・サウスポット静岡3階

人気Blogランキングへ参加しました!クリックしてランキングアップにご協力ください。
ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_koji | 2007-10-16 21:13 | 静岡

桧の無垢フロア

先週、加藤木材産業(株)の加藤社長が、新製品のサンプルを
持って会社に来ました。

e0119799_169083.jpge0119799_1692164.jpg
 









床暖房対応の従来のムクフローリングでは、15ミリ厚さ以上ないと狂いが出てしまうので、
15ミリ以下は製品化されなかったのですが、加藤木材の木曽桧ムクフローリングは12ミリ
厚を実現。
12ミリ厚実現のため、同社は15ミリ厚ムクフローリングの研究開発で培った乾燥技術を
生かし、社外専門家のアドバイスも受けて独自の乾燥技術を開発。
現在、特許も出願中だそうです。

リフォームでは、12ミリのフロア材といえば  複合フローリングでしたが、
床暖房用にムクフロア12ミリ厚の桧が使えるようになれば、ワンランク上の
提案ができるようになります。
床暖房の暖まるまでの時間も15ミリ厚と比べると20%短縮され、トータルでも
電気、ガス代が20%抑えられるそうです。


e0119799_16484416.jpg桧ムクフローリングで、節の少ない上小、
無地上小は高価な床材ですが、加藤木材では
4尺(1212ミリ)の長さのフローリングを商品化。

この4尺の長さで製品にすると節の入らないフローリングが
取りやすいそうです。
今までは、6尺(1820ミリ)の長さで価格も
高かったが、4尺にすることで無地材になり
価格も坪単価で15%安くなるそうです。

高級品の桧ムクフローリング(無地材)ですが、洋室では4尺の長さでも充分
すばらしい仕上がりになると思います。

                                   工事  宮崎


clear=all>
  人気Blogランキングへ参加しました!クリックしてランキングアップにご協力ください。
ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_koji | 2007-10-14 16:55

ベトナムの工事現場

e0119799_422329.jpg建築中の建物です。
注目したのは、構造と足場。

RC造を基本構造にし、レンガで間仕切りを構成してました。
(レンガには小さい穴が開いている為、断熱性能が高いそうです)

柱・梁、ともに細い・小さい。(地震の心配がないからだそうですが)

階段については、まるで土間コンクリートを斜めにしたかのよう。

足場はそこそこしっかりしてましたが、
この現場以外は見るだけでも怖い、華奢な足場でした。
e0119799_4324692.jpge0119799_4325512.jpg


←薄い階段スラブ

←華奢な梁と柱
所変わればこうも違うかと。
地震大国、しかも東海地方に生まれ育った人間にとっては、
素直に受け入れられない光景でした。                    駿河工房 杉本

  人気Blogランキングへ参加しました!クリックしてランキングアップにご協力ください。
ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_koji | 2007-10-10 23:02 | 現場のこと

静岡町家

e0119799_19165949.jpg先日お引渡しのお宅です。前回、鍾馗さんを載せた家が完成しました。京都の町家をイメージしてます。静岡町家といったところでしょうか!施主の奥様が京都出身で味のある純和風住宅に仕上がりました。お施主様の希望で古材も使っています。

e0119799_1918921.jpgこれは駿河木の家日記の方に載せた照明器具です。元々ペンダントだったので、とくに変化はないのですが、愛着があるものを残すのは良いことですね。これからもそんな家作りをしていきたいです。

e0119799_19195669.jpg





                  工事課  副島
   人気Blogランキングへ参加しました!クリックしてランキングアップにご協力ください。
ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_koji | 2007-10-04 19:30 | 木の家

井戸屋さんは、いろいろ知っている!

e0119799_2133782.jpge0119799_21332445.jpg
この写真は、今月着工した家の井戸工事の様子です。
大きなやぐらを建てて、井戸を突きました。
一本のパイプが約7・5メートルあります。
今回は、それを4本半打ちました。(約35メートルです)e0119799_21444012.jpge0119799_21445646.jpg
大きなモーターで、パイプを巻き上げては、下ろすの繰り開始!
とても、根気のいる作業です。(今回は3日間かかりました)
35メートル掘ったら、鉄のパイプを抜いて、塩ビのパイプに入れ替えます。
最後に、井戸ポンプを付けて、」完成です。

この井戸工事中に、井戸屋さんから、いろいろ聞きました。
ここの地域は、何メーター掘ると水が出る!けど、飲めない!
鉄分が多くて、とても飲めないし、洗濯などすると、服が黄ばんでしまうとか・・・
しかし、そのすぐ何メートル下の所は良い水が出るなど・・・
水だけでなく、地層のことも良く知っています。
何メーターから何メーターは、粘土層でその下、何メーターまでは、砂利層とか、
毎日、いろんな所を掘ってると、この地域は、こんな地層で、
どれだけ掘れば、良い水が出るか、だいたい解るそうです。
チョットした、地盤調査屋さんみたいですよ!
土地など買う前に、地元の井戸屋さんに、聞いたりするのも良いかもしれませんよ!

                                          駿河工房    佐藤
    

   人気Blogランキングへ参加しました!クリックしてランキングアップにご協力ください。
ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_koji | 2007-10-03 22:25 | 静岡