ガラスの間仕切壁

新井建築設計・計画の設計による
リフォーム工事です。
玄関、廊下、トイレ、洗面所、浴室を解体して
新しい水廻りを造りました。
e0119799_2136523.jpg
廊下と水廻りの室を間仕切る壁はガラスです。
床からチーク板の化粧梁までの高さは、2,1mです。
ガラスはフロートガラス10ミリと強化ガラス8ミリの
2種類を使いました。廊下側にフィルム貼り。
e0119799_21414253.jpg
e0119799_21421290.jpg
LAMPのドアノブはアルミ合金で、直径38ミリ、
自由丁番もLAMPのアルミ合金で、手前と奥の両方に
90°開くタイプです。
e0119799_21461393.jpg
e0119799_21463782.jpg
廊下の床はタモの無垢フロア。
洗面所の床はイタリア製の磁器質タイル300角。
ガラスの入る枠はアルミの25×15を使いました。
上部のガラス納まりは、化粧梁に下のアルミ枠の
内寸法と同じミゾ加工してガラスをハメ込みました。

ガラス工事の施工で難しいのは、床、壁、梁下の
3方がすべて正確なミゾ巾でつながっていなければ
ならないことです。
この面倒な仕事で役に立つのが、レーザー墨出し器です。
レーザーを使えば水平、垂直の墨出しが簡単で正確に出せます。

精密機器のレーザー墨出し器をフルに活用したおかげで
無事ガラス工事を完了することができました。

                     工事 宮崎


 
人気Blogランキングへ参加しました!クリックしてランキングアップにご協力ください。
ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
 

下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。

[ホームページ]
駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】 

[ブログ]
ブログ【駿河工房設計室】     ブログ【駿河工房の不動産情報】    社長の行動【駿河工房日記】
[PR]
by suruga_koji | 2008-10-08 21:53
<< 外構 木の椅子 >>